コナミスポーツのオゾン発生器によるコロナウィルス対策利用事例についてまとめました

今泉です。

2003年から書き継いできた業務ブログ「インフラコモンズ今泉の多方面ブログ」において、オゾン発生機を用いた新型コロナウィルス対策の非常に興味深い事例ということで、コナミスポーツの事例についてまとめました。

インフラコモンズ今泉の多方面ブログ:
コナミスポーツ、オゾン発生装置による空間除菌の実例/高濃度オゾンによる短時間空間除菌のメカニズム

この記事では、世の中にはオゾン発生装置に、A 高濃度オゾン発生装置、と、B低濃度オゾン発生装置とがあり、弊社が取り扱っているテクノリンク製Fresh Proは、後者の低濃度オゾン発生装置であることを、ご理解いただけるようにまとめています。

低濃度オゾン発生装置とは、産業系の作業環境の安全を定める団体の基準により、0.1ppmまでのオゾンを発生させる装置です。0.1ppmまでの濃度であれば、1日8時間、週40時間の作業は安全であると定められています。

写真はイメージです↓